治療説明
 
歯が抜けたら…
当院の義歯は日本歯科大学大学院新潟生命歯学研究科機能性咬合治療学教授「小出馨教授」の考えに基づき治療を行います。まず、患者様の口腔内の状態を診査させて頂き、残存組織の保存と機能回復を念頭に治療に入らせて頂きます。

難しい治療におきましては、CTを撮影して、現在の骨の状態、顎の関節の状態を調べ噛み合わせの計測や、顎の動きの分析も行います。

治療のオプションとしまして、金属床(チタン、コバルトクローム、トルティッシュ)磁性アタッチメント、ロケーター、ソフトアタッチメント、コンフォートがございます。また、どうしても1日で義歯が必要な方に関しては、専属の技工士の先生と日程を調整し、義歯を1日で作成する事もございます。(要予約)技工士の先生を1日拘束しますので、急にその日に、作成する事は不可能です。

患者様のより良い生活を取り戻すため、頑張って参ります。ただ、義歯は完成したら終わりではなく、そこからが、本格的なスタートになりますので、残存組織を守る為にも検診にいらして頂き、長く良い状態が維持出来る様、ご協力下さい。

むし歯や事故、歯周病などが原因で歯を失ってしまったらあなたはどのような方法をとりますか?
入れ歯は口の中への出し入れができ、歯肉と同じようなピンク色のプラスチックの土手がついている装置です。歯をあまり削りたくない方、安い費用で作りたい方にオススメです。
一般的な入れ歯の他にも、より審美性にこだわりたい方には「ミリングデンチャー」、入れ歯の着脱がわずらわしい方には「インプラント」があります。医師にご相談の上、あなたにぴったりの歯をお選びください。

義歯の種類
gisi.jpg