設備
 
設備の紹介
equipment_image14.jpg
  AED(自動体外式除細動器)  
AED(自動体外式除細動器)は、心臓が止まってしまった(心室細動)時に、電気ショックを与えることで心臓の働きを戻す治療機器です。
万が一の非常時のためにAEDを常備いたしました。

equipment_image01.jpg  デジタルレントゲン  
パソコン上で見たい部分を拡大操作できる為、患者さんに解りやすく説明することができます。
レントゲンによって自分の目では確認できない歯の問題を画面に映し出し、難しい治療内容もご理解、納得いただいた上で治療を行っています。
また、従来のレントゲンより被曝率が少なく、身体に優しいレントゲンです。

equipment_image02.jpg
 
 
DX.jpg
  Dental X  
歯科医院と患者さんの架け橋となる歯科医院専用ソフトです。
 当院では、すべての患者さんのデータをこのDental Xに登録し、管理しています。患者さんお一人おひとりに、分かりやすいイラスト付の診断書を作成して、お渡しすることができます。また、この診断書をiPadや各診療台についているモニターでもご覧頂きながらお話しすることで、より分かりやすいご説明が可能となりました。虫歯や歯の汚れ、歯周ポケットの状態など、一目でご自分のお口の中の状態を理解しながら、歯科医と一緒に治療を進めることができます。

equipment_image03.jpg
  生体モニター  
当院の治療は、全身の安全を第一に考えております。
高血圧等の全身的なリスクをお持ちの患者様におきましても、血圧だけでなく心電図等をリアルタイムで計測することで、処置中の危険を回避できます。また、院長を始めとしてドクターは、全身状態の把握を行いながら安全な処置を行うことができます。

equipment_image04.jpg
  笑気ガス  
抜歯やインプラント治療等において、不安を取り除きリラックスした状態で処置をお受けになることができます。不安を取り除くことで血圧の上昇をおさえることができますので、精神的な面だけでなくお体の安全を守ることができます。

equipment_image05.jpg
  電気注射器  
「針の無い注射器」シリジェットは、高圧力によるジェット噴流で麻酔薬を浸透させる注射器で、針を刺す痛みは全くありません。また針が細く麻酔液を一定に注入できる電動注射器オーラスターは、痛みをほとんど感じません。

equipment_image06.jpg
  滅菌器  
オートクレーブとは消毒・滅菌に必須な機器のことですが、滅菌可能な対象物によって能力に違いがあることについてほとんど知られていません。

滅菌能力は、ヨーロッパの基準でクラスとして分類されています。
当医院で使用しております「クラスB」と呼ばれるオートクレーブは、滅菌前に真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことによって、チューブや内部の残留空気を抜き、蒸気を細部の奥まで行き渡らせる機能を備えております。

あらゆる種類の細菌を安全に滅菌することができる性能を備えており、安心して治療していただくことができます。

equipment_image07.jpg
equipment_image08.jpg
  滅菌・消毒  
お口に入るものは全て、治療ごとに滅菌・消毒されたものを使用し、感染予防に努めています。一度の治療に必要な器具をセットにして滅菌し、診療直前に開きますから安全・清潔です。
equipment_image09.jpg
  セデントオイルライザー  
オイルライザーの熱媒には、水より沸点の高いオイルを使用。120℃まで液温を上げることより、器具に付着した細菌をわずか4分で死滅させることができます。
equipment_image10.jpg
  医療用双眼ルーペ  
医療用光学機器の名門ドイツ・ハイネ社が世界に誇る革新的光学技術より生まれたマルチコーティングレンズは、卓越した解像力で肉眼では見えない術野の細部まで鮮明に拡大描写します。また、人間工学に基づいた計量設計で快適な装着感が得られ、照明装置(オプション)と併用すれば細部の確認がより確実に行えます。

equipment_image11.jpg
  口腔内カメラ  
レントゲン同様全てをデジタル化し、皆様の口腔内の診断ツール並びに経過観察のツールとして活用しており、皆様にご好評をいただいております。
equipment_image12_1.jpg
 バリオス  
バリオスは毎秒28,000〜32,000回/秒で振動し、これによって発生するエネルギーが歯石を破壊し、除去します。バリオスは適切なパワーを用いることで患者様の痛みを軽減し、効率よくプラークや歯石を除去できます。
equipment_image13_1.jpg
  レーザー治療  
当院ではレーザーを用いた治療を行っています。歯肉が腫れて膿を持っているような時に、レーザーを使って処置すると、レーザーの殺菌作用で治りが良くなります。また、初期の虫歯にレーザーを当てることにより、歯が丈夫になり、フッ素の効果も良くなります。

ct07.jpg  CT  
当院で導入しているKaVo3D eXamは世界で最もユーザーが多く、世界一被曝線量が少なく、撮影時間がとても短いハイパフォーマンスの機械です。総合病院などで使用されている医科用CTの10分の1以下の被曝線量で撮影できます。
 当院は日本で39台目に導入しました。
〈安全な治療〉
 3次元データの豊富な情報量により、これまでのレントゲン検査で診断の難しかった部分も正確に診断が行えます。
 インプラント、抜歯、根の治療など幅広い応用が可能で、治療の安全性を飛躍的に高めます。
〈分かりやすい説明〉
 3D画像(立体画像)によりさらに分かりやすい説明が可能になりました。
ARCUSdigma_010_seitlich2.gif  KaVo  Digma  
Digmaを装着し、下の顎(顎関節)の運動を調べる事により、習慣性の運動、最大開口等の動きを診査することが出来ます。これにより、装着してある被せ物や義歯が顎の運動に調和しているか、不調和があるかを診断する事ができる画期的な診査診断装置です。
この治療には1時間を要し、自費治療となります。

11472_01.jpg  エアフローマスター  
エアフローマスターは、歯のメインテナンスを行うための最新機器です。水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯面についた着色やバイオフィルム(歯垢)を取り除きます。パウダーを用いることによって、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や、歯と歯茎の境目などの細かい所の汚れにもパウダーが行き届き、よりきれいに仕上がります。歯面へのダメージも少なく、術後は歯面がつるつるになり、着色の再付着を防ぎます。また、インプラントのケアにも最適で、従来の清掃よりもインプラントを傷つけることなく、素早く行うことができ、精度の高い口腔ケアを提供できます。
 ※エアフローマスターを使用するメニューは、自費治療です。

201305241022422501.gif  ダイアグノデントペン  
虫歯の有無と進行度合いをレーザー光で検知し、数値で表します。これにより、初期の虫歯であれば、経過観察とし、すぐに削って治療しなくて良い場合もあります。また、治療を要する虫歯の場合には、医師の目視、触診、ダイアグノデントペン、このトリプルチェックにより、虫歯の取り残しを防ぎます。

shisekijokyo.gif  超音波スケーラー  
患者様に負担が少なく歯石除去を受けていただくために、超音波スケーラー「バリオス」を使用しております。バリオスは歯の表面に当たる先端のチップの部分が細かく振動する事で、歯の表面を傷つけず安全に歯石を除去できます。また、殺菌効果を高めるためにオゾン水を併用しています。